忍野八海は中国人が殺到してる?

その昔、忍野湖は富士山の噴火活動を何度も経て、湖は涸れてしまいました。富士山の伏流水に水源を発する湧水池がいくつか残り、その代表的な湧水池が「忍野八海」です。富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水層という溶岩の間で数十年の歳月をかけてろ過され、澄み切った水は美しく神秘的です。この忍野八海(山梨県)など、日本人の感覚では「こんなところに!?」というような場所が、爆買いスポットに代わる中国人の人気観光地になっています。

富士山が世界遺産に登録された2013年頃から中国人観光客が増えはじめました。観光客が増えるのはいいのだが、関係者が困っているのは、池にコインを投じる中国人客が多いことです。「池にコインを投げると幸せになる」と言われているようだが、そういう情報はなく、コインによって水が汚れてしまう事態になっています。実は中国人の間の口コミが広まっていたのです。

忍野元八湖は古くから富士御手洗元八湖として、富士修験の霊場でした。 富士講の信者は、富士登拝に先立ち、富士御手洗元八湖を含む8つの湖沼群において、水行を行ったとされています。その神聖なエリアが、多くの外国人(特に中国人)が来るような場所になるとは、誰も想像が出来ません。

世界文化遺産構成資産として位置づけられた「忍野八海」の要素は、富士山域を背景としてた風致の優れた水景、富士山を水源とする地下・地上の豊かな水系、富士講と元八湖の再興(忍草元八湖霊場)の3つです。忍草元八湖霊場は再興させ、多くの外国の方にも日本式修行を体験してもらい、心と体を清めてもらいたいものです。

 

小樽の街は住みやすい!

海、山、坂の起伏に富んだ地形、四季折々の自然、北海道開拓の玄関口として発展と衰退を繰り返し、今は日本有数の観光地として歴史と文化が今も息づく街、小樽の魅力を求めて世界中から観光客が訪れ、街はいつも賑わっています。

海岸に面して東西に細長い土地形状の小樽市は、港周辺から山に向かっ て扇状に美しい街並みが広がっており、小樽駅から港方面の縦通りと、そこに国道などの横通りが交差、商店街や風情ある通りを形成しています。総合病院やショッピングセンター、市場などがコンパクトにまとまり、都市機能が充実、住宅地としても申し分ない街だと言えます。札幌駅へは小樽駅から快速電車で約30分、市内のバスによる交通ネットワークも充実、山手のエリアでも街中に出かけるのは簡単です。さらに、新鮮な海の幸や港町が育んだ食を楽しめ、 小樽の魅力をあげると数え切れません。

そうは行っても冬はかなり雪が降りますし、寒いです。自宅 や外出時の防寒対策や、雪道ならではの運転技術など、備えは必要です。一方、夏は涼しいですし、スキーやスノーボード、 雪見の温泉など、北海道ならではの生活が楽しめることは間違いないでしょう。

あと小樽運河は、実は観光名所として整備されたもので、運河本来の姿を眺めたいなら、手宮方面にある「北運河」へ行きましょう。「旧早川支店」のあたりはレトロな雰囲気の街並みが広がっています。昭和初期まで銀行や商社、海運会社などが軒を連ねていた「北のウォール街」周辺も、当時の雰囲気を感じられ、オススメです。

北陸のハワイ?水島!

福井県の敦賀半島の先端に小さな無人島、ここは7月上旬から8月末まで上陸できる期間限定のビーチ「水島」があります。

透明度の高い水質と白砂が魅力で、この噂を聞きつけた人は誰しも、一度は水島で泳いでみたいと思うはず。ただ人気は年々上昇し続け、せっかく行っても混み合い船に乗れないといったケースもあるので要注意。船は「色ヶ浜」と「浦底」と二か所から出航しています。

船が水島に近づくと海は青からエメラルドの色に変化し始めます。桟橋を歩くと感じられる海の透明度、美しいエメラルドと青のコントラスト、何もかもが対岸からの景色と全く違います。

この水島は二つの小さな島が砂洲で結ばれ、船着き場からビーチをめがけて歩きます。距離的には100メートルから200メートルほどですが、左右を海に挟まれた白砂の道を歩くのは気持ち良く、ただ歩くだけでもテンションは上がります。

海の底がくっきり見えるほど透明度が高いので、顔を水につけるのが苦手なお子さんは、海面から海の中をのぞくだけでも、たくさんの生き物を観察することができます。ただし岩で足を切ってしまうことがあるので、裸足は厳禁、ビーチサンダルやマリンシューズを履いて、足元をしっかり保護しましょう。

水島に来たら砂洲の先端まで目指して行きましょう。砂洲の先端付近まで来ると人も少なく、透明度も圧倒的に増します。そエメラルドグリーンから真っ青に続く色のコントラストが実に素晴らしいです。写真で見るよりは狭いですから、朝一の上陸が一番お勧めです。

有馬温泉と秀吉

有馬の温泉は世界的にみても薬効が高く、日本最古の温泉とされている。掘る技術を持たない時代より大地の恵みを蓄え湧き出ていた自然の温泉であります。現在でも、浅い場所(300mまで)からの採湯としていますが、地下60メートルのマントルから湧き出た自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に蓄えたお湯で、冷え性や腰痛に効くと有名です。

国の指針により療養泉として指定している9つの主成分(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉です。

古い歴史を持つ有馬温泉には、歴史上の有名人物が数多く訪れ、その中でも一際知名度の高い人物は「太閤」こと豊臣秀吉だろう。神戸電鉄有馬温泉駅から歩いてすぐのところにある「太閤秀吉像」と「太閤橋」。そして、その向かい側にある彼の正室北政所をかたどった「ねね(寧々)像」と「ねね橋」。他にも、秀吉が祈って湯を沸かせた話に由来する「願い坂」、和尚の頭に似せた茶釜が伝えられる「善福寺」。そして、秀吉の別荘である湯山御殿ゆかりの発掘品を見ることができる「太閤の湯殿館」など、秀吉にちなんだものは数多く有馬に遺されている。

秀吉に愛された有馬温泉、それを誰でも楽しめるようになった現在はやっぱりよき時代であると私は思います。

 

ひたち海浜公園と言えば、ネモフィラ&コキア

ひたち海浜公園は、茨城県中部の太平洋側にあるとても見晴らしいの良い国営の公園です。開園面積は東京ドームの41倍にあたる192ヘクタール。花畑や水のステージなど美しい景観が楽しめる「西口エリア」、家族連れに人気の遊園地がある「プレジャーガーデンエリア」、海に面し起伏に富んだ「砂丘エリア」、太平洋を見渡す「みはらしエリア」など7つのエリアに分かれており、季節ごとに訪れたい魅力がいっぱい。花の名所としても知られ、広々とした大地に年間を通じて次々と咲き継ぐ花の楽園でもありますが、見ておきたいのはネモフィラとコキア。

ひたち海浜公園のコキアが紅葉する時期は10月初旬から下旬。9月下旬まで緑のコキアは、10月に入ると徐々に色づき始めます。毎日少しずつ緑から赤へと変化しながら、10月中旬頃には紅葉のピークをむかえ、ピーク時にはみはらしの丘全体が赤一色に染まります。緑のコキアもなかなか見ごたえがあります。緑のコキアをみて、赤のコキアをみると更に感動がましてきますよ。さらにコキアの見頃時期には、紅葉した真っ赤なコキアをバックに満開のコスモスも楽しめます。

ゴールデンウィークにネモフィラを。360度、見渡す限りのブルーの世界は、まるで地上を離れて空中散歩をしているかのような幻想的な空間です。可憐なネモフィラの花と、青空と、そして海が見せてくれる絶景は、毎年、多くの人の目と心を癒し、楽しませてくれ、ハズレはありません。但し、ネモフィラはタイミングよく咲かせるのは難しく、日々花見の見ごろチェックは必須です。

園内の移動には、園内を一周するシーサイドトレインや、全長約11キロのコースをレンタサイクルで走るのが便利です。ぜひ使用してください。

道後温泉はレトロモダン!

道後温泉本館は明治27年に建てられ、国の重要文化財や経済産業省の近代化産業遺産に認定された、貴重な建物です。道後温泉の歴史は3000年もあり、日本最古の温泉でもあります。日本書紀や源氏物語に登場したり、聖徳太子や伊藤博文など名だたる歴史上の重要人物が訪れていたり、一度は必ず行くべき温泉です。

本館上の振鷺閣(しんろかく)には、伝説のシラサギの姿が。なぜシラサギがいるかというと、シラサギが足の傷口を温泉につけて、その後元気に飛び去った姿を見たのが、道後温泉の発見とされているためだそうです。あちこちにシラサギがいますので、探してみて歩くのもいいですよ。

【神の湯階下】(410円):神の湯のみの入浴、休憩室利用なしのコース
【神の湯2階席】(840円):神の湯のみの入浴、2階の神の湯休憩室を利用するコース
【霊の湯2階席】(1,250円):霊の湯、神の湯に入浴し、2階の霊の湯休憩室を利用するコース
【霊の湯3階個室】(1,550円):霊の湯、神の湯に入浴し、3階の個室で休憩するコース

神の湯と霊の湯、両方に入れるコースがおすすめで、2階席で他の方と一緒にくつろぐのが一番風情が感じられます。

せっかくですので、神の湯と霊の湯、両方に入れるコースがおすすめですよ!今回、私は3階個室が利用できる入浴コースにしました。

映画「千と千尋の神隠し」に出てくる“油屋”のモデルになった場所のひとつとも言われています。香港の方がしっくりしますけど、一度は道後に来るべきです。

名古屋でもレゴランド・ジャパン

名古屋市港区に2017年4月に開業したテーマパーク「レゴランド・ジャパン」。地域観光振興の起爆剤として大きな期待を受け華々しくオープン。個人的には、東京ディズニーランドのように、レゴランド・Nagoyaにしてもらいたかったが、やっぱりJapanとなってしまい、USJの時と同じく非常に残念です。名古屋ですから、お台場にあるレゴランド・ディスカバリー・センター東京とは間違えないようにしないといけません。

「楽しいが正直言って、高い」。河村たかし名古屋市長はレゴランド・ジャパンの出だしの苦戦ぶりを受け、こうこぼしており、厳しい現実が待っていた。一つは入場料。一日券は大人6900円(消費税込み)、子ども(3―12歳)5300円(同)。その価格設定に対し「家族全員で行くにはチケットがあまりに高すぎる」などと批判の声が相次いだ。また子ども客を重視し、客とスタッフが一緒に「触って、つくって、学んで楽しむ」スタイルは、「日本ではまだなじみがない」と辛口の評価であったが、その後の矢継ぎ早に打ち出した割引策が功を奏し、年間入場者目標200万人の達成する見通し。

独自のスタイルについても子どもたちの『知育』の場として少しずつ認知されてきた。また広過ぎない、ほどよいサイズも好感が持たれているという。ターゲットとする子ども連れの家族にとっては「広すぎないから子どもがくたびれることなく、遊ばせやすい」といった評価も多くなってきた。ターゲットの『2歳から12歳の子どもとその家族』の心をくすぐるアトラクションは多数あり、大人も意外と楽しめます。おじいちゃん、おばあちゃんと孫の組み合わせでも大丈夫です。「インスタ映え」などの流行に走らないで、顧客を満足させることが出来そうなレゴランドの今後に期待です。

五島市に行って見よう・・・

五島市は、九州の最西端、長崎県の西方海上約100㎞に位置しています。大小152の島々からなる五島列島の南西部にあって、総面積は420.87㎢、11の有人島と52の無人島で構成されています。
キリシタン文化や遣唐使ゆかりの地、島特有の伝統芸能など、多様な文化も息づいています。
その中に実はおもしろい祭り、へトマト祭りが毎年一月に開かれます。ヘトマトは五島市下崎山地区に古くから伝わる民俗行事、白浜神社での奉納相撲に始まり、子孫繁栄を祈願して、着飾った新婚の女性2人が酒樽に乗り「羽つき」を行います。次に、体に「ヘグラ」と呼ばれるススを塗りつけた若者が、縄で巻き取柄のついた藁玉を激しく奪い合う「玉せせり」、青年団と消防団に分かれて豊作と大漁を占う「綱引き」と続き、最後に長さ3メートルの「大草履」が登場し、若者が担いで山城神社へ奉納します。その途中、見物の娘さんを次々と捕まえてはその上に乗せて何度も胴上げは必見です。名前の由来については定説はなく、つまり誰も分からない謎と言えます。

五島列島には江戸時代の禁教令の後、仏教徒に偽装したクリスチャン(隠れキリシタン)が移り住み、信仰を守ってきた歴史があります

福江を代表する堂崎教会は福江港より車で15分ほどにある教会でとても美しい。隠れキリシタンの歴史を今に伝える博物館のような雰囲気があります。

福江港から車で約60分、中心街からは離れていますが福江島に行った際には是非訪れたいのが井持浦教会です。こちらには日本最古の「ルルド」があります。「ルルド」とは元々はフランスの小さな村の名称で、150年ほど前にルルドの泉に出現したと言われる聖母の奇跡から、その後各地にルルドと呼ぶ泉が再現されたもの、ルルドは教会の裏手にあり、聖水を入れるポットも売られていますのでお持ち帰りが出来ます。

福江島の西側の海岸は、東シナ海の荒波を受け海蝕崖がつらなり、特に大瀬崎の断崖、嵯峨島の火山海蝕崖は有名です。また、福江島、嵯峨島には、小型のホマーテ(臼状火山)及びアスピーテ(楯状火山)の火山群があり、その特異な火山形は我が国でも珍しい存在となっています。
島全体の景観は非常に美しく、その大部分が西海国立公園に指定されています。
また、美しい海と豊かな自然に恵まれ、四季を通して釣りやマリンスポーツなどが楽しめます。
日本一美しいとも呼ばれる高浜海水浴場をはじめとして、大小数多くの海水浴場があります。
こんな美しい場所が日本に残っていることに感動しますよ。