忍野八海は中国人が殺到してる?

その昔、忍野湖は富士山の噴火活動を何度も経て、湖は涸れてしまいました。富士山の伏流水に水源を発する湧水池がいくつか残り、その代表的な湧水池が「忍野八海」です。富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水層という溶岩の間で数十年の歳月をかけてろ過され、澄み切った水は美しく神秘的です。この忍野八海(山梨県)など、日本人の感覚では「こんなところに!?」というような場所が、爆買いスポットに代わる中国人の人気観光地になっています。

富士山が世界遺産に登録された2013年頃から中国人観光客が増えはじめました。観光客が増えるのはいいのだが、関係者が困っているのは、池にコインを投じる中国人客が多いことです。「池にコインを投げると幸せになる」と言われているようだが、そういう情報はなく、コインによって水が汚れてしまう事態になっています。実は中国人の間の口コミが広まっていたのです。

忍野元八湖は古くから富士御手洗元八湖として、富士修験の霊場でした。 富士講の信者は、富士登拝に先立ち、富士御手洗元八湖を含む8つの湖沼群において、水行を行ったとされています。その神聖なエリアが、多くの外国人(特に中国人)が来るような場所になるとは、誰も想像が出来ません。

世界文化遺産構成資産として位置づけられた「忍野八海」の要素は、富士山域を背景としてた風致の優れた水景、富士山を水源とする地下・地上の豊かな水系、富士講と元八湖の再興(忍草元八湖霊場)の3つです。忍草元八湖霊場は再興させ、多くの外国の方にも日本式修行を体験してもらい、心と体を清めてもらいたいものです。

 

小樽の街は住みやすい!

海、山、坂の起伏に富んだ地形、四季折々の自然、北海道開拓の玄関口として発展と衰退を繰り返し、今は日本有数の観光地として歴史と文化が今も息づく街、小樽の魅力を求めて世界中から観光客が訪れ、街はいつも賑わっています。

海岸に面して東西に細長い土地形状の小樽市は、港周辺から山に向かっ て扇状に美しい街並みが広がっており、小樽駅から港方面の縦通りと、そこに国道などの横通りが交差、商店街や風情ある通りを形成しています。総合病院やショッピングセンター、市場などがコンパクトにまとまり、都市機能が充実、住宅地としても申し分ない街だと言えます。札幌駅へは小樽駅から快速電車で約30分、市内のバスによる交通ネットワークも充実、山手のエリアでも街中に出かけるのは簡単です。さらに、新鮮な海の幸や港町が育んだ食を楽しめ、 小樽の魅力をあげると数え切れません。

そうは行っても冬はかなり雪が降りますし、寒いです。自宅 や外出時の防寒対策や、雪道ならではの運転技術など、備えは必要です。一方、夏は涼しいですし、スキーやスノーボード、 雪見の温泉など、北海道ならではの生活が楽しめることは間違いないでしょう。

あと小樽運河は、実は観光名所として整備されたもので、運河本来の姿を眺めたいなら、手宮方面にある「北運河」へ行きましょう。「旧早川支店」のあたりはレトロな雰囲気の街並みが広がっています。昭和初期まで銀行や商社、海運会社などが軒を連ねていた「北のウォール街」周辺も、当時の雰囲気を感じられ、オススメです。